Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

jinjaの親テンプレートへの値の渡し方

webapp2.RequestHandler を継承したクラスで処理した内容を
jinjaの親テンプレート渡したいとき下のようなやり方を思いつきました
(思いついたお)。

# webapp2.RequestHandler を継承したクラスに空の連想配列を持たせる。
class BaseSessionRequestHandler(webapp2.RequestHandler):
  template_values={}
  
  def dispatch(self):


# 空の連想配列をupdateして要素を追加
class Index(MySession.BaseSessionRequestHandler):
  def get(self):
        
     # 拡張後の書式
     self.template_values.update({  
                                     'posts': posts,
                                     })

     # 元々の書式
     template_values = { 
                                     'posts': posts,
                                     }
Remove all ads