日本人「失業エンジニアを救うのは中国企業」キリ 欧州「君、国からたくさんお金貰って異常に安い価格で売ってるでしょ、不当廉売で調査ね」

失業エンジニアを救うのは中国企業

最近、この著者の方、有名ですね。『日本は終了やぁ』みたいなノリでまくしててますが。まあ、言わんとすることは理解できますが。で、このブログのなかで某中国の通信機器メーカが取り上げられている訳です。書かれている事はタイトルの通りです。

たしかにこのメーカ、勢いがありますよね。うちの会社の機器も安いという理由で、非常に多くの機器を導入しています。常軌を逸した『安さ』で勝負にでてくるので、他の国内メーカが、簡単には歯が立たないという状態です。

いやいや中国は人件費が安いからとか言うかもしれませんが、それを遥かに上回っている。インフラ機器なので、まずうちみたいな小さい会社に売り込んで日本国内での実績も作ってから、超大企業に売り込みに行くってのもあるだろうけど、どういうこと?みたいな。

ブログの通りに行くと『日本はおしまいなので海外やー、勢いのある企業の元で働くんや』という話になります。僕はお断りしますが... あの人達みたいに働けないですよ、ほんと。仕事できる上に、朝から晩まで、文字通り仕事のしっぱなし。あの人たちはスーパーサイヤ人ですよ。

かと言って、日本に未来があるかと聞かれても疑問ですが。前々から気にはなっていたのですが、なんでこんなに安いのかということ。脅威的なんです本当に。

上のブログでは「ヨーロッパの失業エンジニアを救う」という話もありましたが、何が原因でここまで強くなったのか。それは、この企業がやたらめったら、安いお金で機器を卸すからということろですかね。

で、安さの原因は、お国から企業を貰っていたみたいですね。結局、ヨーロッパでは、不当廉売的な方面での調査がはいることになりましたとさ。
EU Considers Action Against Chinese Firms
 


ただし、業界第2位の地位を築いてしまったので、この調査くらいでは、びくともしないとは思いますが。しかし、徹底的に安い価格で他のメーカを駆逐してしまうなんて、堅気のやるやり方とは違いますよね。

自分が独り立ちして商売をするときは、必ず念頭においておかないといけないなと思った次第です。いやはや、本当に怖いなって思う限りです。ちなみに、ワイは上の著者の方を尊敬しています。個人的にも大好きです。事実をこれでもかって突きつけてきてくる、感じが。読んでて、怖くなってゾッとはするのですが。

頭が良い上に、ダイナマイト級にキツい環境で仕事されてたみたいだし。むしろ、ここで自分が書いた内容が、間違ってる可能性が高いのですが、どうか悪しからず。
 







何のために勉強しないといけないのだろうか。 -
「すき家、驚愕の超社員管理体制 細かいすべての動きを秒単位で規定、間違うと叱責」を読んで。 -
「社員が働きたくなる会社にする、驚くほど簡単な7つの方法」を読んで。 -
リーンスタートアップのウェブ記事などを読んで。 -
「会社は学校じゃねぇんだよ」を読んで。 -
英語版と日本語版で書かれていることが違う記事 -
日本人「失業エンジニアを救うのは中国企業」キリ 欧州「君、国からたくさんお金貰って異常に安い価格で売ってるでしょ、不当廉売で調査ね」 -
鴻海(日経新聞)「労働者が集まらない\(^o^)/」 ウォールストリートジャーナル「失業率っぱないwww」 -

Remove all ads