Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「すき家、驚愕の超社員管理体制 細かいすべての動きを秒単位で規定、間違うと叱責」を読んで。

思ったこと

『昼夜を問わず、生活のすべてを捧げて働き、生き残った者が経営幹部になる』というビジネスモデルが、その限界に達し、壁にぶつかったものということができる

すき家、驚愕の超社員管理体制 細かいすべての動きを秒単位で規定、間違うと叱責 | ビジネスジャーナル

Apple にしたって Samsung にしたって似たようなものなんじゃないの。ビジネスモデル、壁にぶつかってるんですかね。むしろ、強力なやり方だと思ってしまうよ。

自分が昔いた会社もそうだったし。まぁ、ワイがいたモバイルの会社は業界弱小だったけど。先日、ワイの同期は、晴れて技術系も含めて5年以内の離職率50%を突破したみたいです。営業は3年で離職率50%を突破してたけど。中華系の外資ベンダもかなり同じ匂いがしてたな。

あれ、何がいいたいんだったっけ。離職率ベースでの取り締まり、ないし、もちろんグローバルに戦うトップの企業はそうやって人を選別する必要があるので、そのぶんのペナルティって形で法人税の増額する必要があるんじゃないかってこと。

ワイのいた会社は、グローバルじゃないから必要なかったと思うけど。ただし、国内小売りは、自国の労働法なりで規制がかけられるから、法人税の増額の幅はあげたほうが望ましいと思う。
 







何のために勉強しないといけないのだろうか。 -
「すき家、驚愕の超社員管理体制 細かいすべての動きを秒単位で規定、間違うと叱責」を読んで。 -
「社員が働きたくなる会社にする、驚くほど簡単な7つの方法」を読んで。 -
リーンスタートアップのウェブ記事などを読んで。 -
「会社は学校じゃねぇんだよ」を読んで。 -
英語版と日本語版で書かれていることが違う記事 -
日本人「失業エンジニアを救うのは中国企業」キリ 欧州「君、国からたくさんお金貰って異常に安い価格で売ってるでしょ、不当廉売で調査ね」 -
鴻海(日経新聞)「労働者が集まらない\(^o^)/」 ウォールストリートジャーナル「失業率っぱないwww」 -

Remove all ads