官製不況

スマホ「官製不況」再来か 総務省素案にメーカー警戒 :日本経済新聞

主張: 必要なもの、その人の生産性をあげるような購買行動を促す政策が必要だと感じました。

官製不況なんて言葉をひと昔前に聞いたけど。本来必要のないものが売れることは国全体で見たときに経済発展に寄与するのだろうか?

例えば、ガラケーからスマホに買い換えたとき、その人の生産性が上がったと思います、自分は。スマホを別のスマホに買い換えたところでその人の生産性にはなんら寄与しない。

確かにその業界だけで見れば、0円ケータイを容認することは景気がよくなるのかもしれません。しかし、それは本来必要がないものを売っているだけなのだから、あまり意味のない行為なのではないだろうか。

つまり購入者に意味のない浪費を促していると言える。本来の費用を見えないようにして買わせるという、ある種、購入者側の無知に漬け込む行為だと言える。

そのような行為は容認できないのではないだろうか。

それとも自分の発想は、江戸時代的な商売よくない的な発想なのだろうか。