(書きなぐり)軽量マークアップ言語について

思ったことの書き連ね。

書き連ねてる目的

  1. 軽量マークアップ言語の選定
  2. 適切な CSS の設計

大事なこと

テキストで書いた内容とhtml に出力される内容が同じになること。

html タグではタグの中身を読まないとわからない。

<h3>Hello, world!</h3>
<p>This is a content.</p>

markdown なら表記を見ればわかる。

###Hello, world!
This is a content.

Markdown の「改行を無視する。」は、結構問題だと思う。

解決策 → 結局、
タグに頼るしか無いのか... br タグ使いたく無いな...

複数行の改行

全部 P タグで囲まれて終了してしまう。

余白、行間、これがすごく圧迫感を与えている。

切れ目の無いダラダラした印象を与えてしまっっている。

これが問題に critical に作用している。

html にした時に何か読みづらい..

どういう考えで Markdown は改行を無視するようにしたのだろうか..

確かにそうっちゃそうなんだろうけど...

Markdown is a writing format. Thus, Markdown’s formatting syntax only addresses issues that can be conveyed in plain text. https://daringfireball.net/projects/markdown/syntax#html

改行

何故なら text で書かれた書式と html での表記に違いが生じてしまうから。これは上で書いた大事なことに反する。後ろに空白2個というのが、これまいただけなくて、筆者が改行を意識しているか、どうかわからなくなる。

特に "わかりやすい" を意識した時に、どこで改行するかは結構重要な問題で。 自動的に、ユーザのディスプレイに任せるのは、あまりよろしく無い。

どうせ自分の場合は PC だけなので最小のディプレイを想定し 意味の区切りで改行してしまうのが良い。

文面を方形に揃える必要な無い。

quote を split してくれない。

記述

>quoted text1

>quoted text2

出力

quoted text1

quoted text2

Markdown が html タグを認めないのは正しい判断

軽量マークアップ言語で記載したコンテンツに適切に CSS を設計するには。

  1. 目的を設定する必要がある。
  2. 書き方の規約を設ける必要がある。